リストマーク 第5回少年硬式野球四国選手権大会 (2013.4.24掲載)

徳島ホークス 四国の頂点
主催 NPO法人 松球会 松山西ライオンズクラブ    後援 愛媛新聞社 南海放送 日刊スポーツ新聞社 他
★四国各県よりヤングリーグ(12) ボーイズリーグ(12) シニアリーグ(10)
 34チームにて熱戦展開

4月13、14、20日  於  松山坊ちゃんスタジアム 他






リストマーク 徳島ホークス 第21回ヤングリーグ全国春季大会出場権獲得 (2013.2.17掲載)
主催 全日本少年硬式野球連名・日刊スポーツ新聞社
平成25年3月24日より  倉敷マスカットスタジアム他







リストマーク 第4回 野村 謙二郎 CUP 西日本中学野球大会 徳島ホークス優勝 頂点 (2012.12.13掲載)
主催 広島県B・S・Y 中学野球連合会/後援 (株)広島東洋カープ 広島テレビ放送(株)他
★西日本各地区より選抜されたヤングリーグ(10) ボーイズリーグ(11) シニアリーグ(11)
 32チームにて熱戦展開






リストマーク 第20回ヤングリーグ全国春季大会東四国支部予選 全日本少年硬式野球連盟 日刊スポーツ新聞社主催




リストマーク 第19回 ヤングリーグ全国春季大会 全日本少年硬式野球連盟 日刊スポーツ新聞社主催






リストマーク 平成23年たつの市長旗争奪第33回 兵庫龍野 大会
全日本少年硬式野球連盟 ・兵庫龍野主催
全日本少年硬式野球連盟、日刊スポーツ新聞社 後援
(2011.3.15更新)







リストマーク 第8回 なにわ大会
全日本少年硬式野球連盟、日刊スポーツ新聞社 後
徳島ホークス優勝(ジュニアー)
主催 全日本少年硬式野球連盟 大阪第二支部 2009年

10月10日〜12日  於  大阪府青谷球場 二田球場 他
10月10日 第一日目 1回戦
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス(東四国) 19 0 0 8       27
大東球遊  (大阪第二) 0 0 1 0       1
投手 小方、寺西           捕手 伊勢  (徳)
投手 有働、清水            捕手 中村  (大)
二塁打 伊勢2、松田、小方 (徳)   三塁打 只津、橋川、斉藤 (徳)

10月11日 第二日目 2回戦
  1 2 3 4 5 6 7 合計
北大阪ドラゴンズ
(大阪第二)
0 0 0 0 0     0
徳島ホークス
(東四国)
5 1 3 0 X     9
投手 小方、寺西           捕手 伊勢  (徳)
投手 黒川、橋口           捕手 井上   (北)
二塁打 小方 (徳)      三塁打 伊勢 (徳) 橋口 (北)

10月12日 第三日目 準決勝
  1 2 3 4 5 6 7 合計
広島ボンバーズ (広島) 0 0 0 0 0 0 0 0
徳島ホークス (東四国) 1 2 0 1 1 0 X 5
投手 宮本、大野           捕手 鈴木  (広)
投手 小方、寺西           捕手 伊勢    (徳)
二塁打 小方2 (徳)

10月12日 第三日目 決勝
  1 2 3 4 5 6 7 8 合計
徳島ホークス (東四国) 0 0 0 0 0 3 0 4 7
サスケ名古屋(東海) 1 2 0 0 0 0 0 0 3
投手 寺西、小方、光本       捕手 伊勢 (徳)
投手 岩下、国清           捕手 友原  (名)
二塁打 松田2 (徳) 林田 (名)        三塁打 松田、小方 (徳) 友原 (名)




リストマーク 福島投手徳島に凱旋
 先月の第90回全国高校野球選手権大会で優勝投手に輝いた福島由登投手(大阪桐蔭、徳島ホークス出身)が選手権大会終了後二週間のブラジル遠征を終え9月10日、日本に帰国13日 徳島に帰り自身が育った徳島ホークス練習場に最初に訪れました。写真は有井監督以下全選手(46名)に三年間の大阪桐蔭での選手生活、選手権大会大阪府大会、選手権大会の苦労話、ブラジル遠征等の報告を行う福島投手。(2008.9.16)






リストマーク 第90回全国高校野球選手権大会
悔しさ胸に仲間支え 当球団25期生 篠山和也、チームメイトに大阪桐蔭 福島由登 徳島商 中野光隆 がいる、中学1年から徳島ホークスでパワーヒッターとして大阪や兵庫のチームが出場 する大会で優勝の経験もある、中学3年の時に甲子園で鳴門工を応援 あこがれの鳴門工へ入学、厳しい練習に耐え、長打力を買われ昨秋の新チーム 4番を任された、だがその頃から右足の内側に痛みを覚えた、筋肉が炎症を 起こす「骨化性筋炎」である、もう野球が出来ないと落ち込んだ、、、、、、 もしかしたら治るかもしれないと、わずかな望みを抱きマシンの球入れ、ノックの 手伝い、グランド整備等、裏方の仕事を黙々とこなした、痛みはなかなか 引かなかった、春になり痛みは改善し走れるようになったが、練習のブランクは 大きく、徳島大会のメンバーには入れなかった、高野連のはからいで今年は ベンチ入り出来ない各校の3年生に21の背番号を配られたが、篠山はつけなかった 「ほしくなかった」実力で勝ちとりたかった悔しさがにじんでいた、地方大会が 始まると、篠山の舞台はグランドからスタンドへ「一緒に甲子園に行きたい」と思い バットをメガホンに持ち替え仲間の応援を続ける、結果チームは甲子園への切符を 見事勝ち取る、今篠山は思う「あの時辞めていたら一緒に甲子園に行けなかった」 甲子園のアルプススタンドで応援するのが楽しみ、、、、、 監督の高橋広も「普通なら辞めてしまうところをよく頑張った」と話す        読売新聞より


リストマーク 第90回夏の全国高校野球選手権全国制覇
当球団第25期生福島由登・大阪桐蔭・投打に大活躍し全国制覇
尚 決勝戦対常葉菊川学園戦で福島はストレートと変化球を内外角に
投げ分け、的を絞らせず98年横浜・松阪(現レッドソックス)以来の
常葉、強力打線を散発5安打に抑え決勝完封勝利達成。
尚 夏の大会決勝戦としては88年ぶりとなる史上最多得点タイ
得点差も最多タイとの事です。


    決勝戦 常葉菊川戦での福島投手

リストマーク 第16回ヤングリーグ 全国選手権 小学生大会
主催 全日本少年硬式野球連盟、日刊スポーツ新聞社
後援 兵庫県、淡路市、朝日新聞社

全国各地区を勝ち抜いた12チームにて開催
徳島ホークス小学部第3位
2008年7月25日〜26日  於  淡路佐野運動公園野球場、スカイマークサブグランド他

1回戦
  1 2 3 4 5 6 合計
徳島ホークス 2 0 2 0 2 4 10
兵庫相生 0 0 2 0 3 0 5
投手 松田、 荒川/捕手 山本(徳)
投手 岸元//捕手 片山(兵)
三塁打 家段、高島、松田  (徳)

2回戦
  1 2 3 4 5 6 合計
徳島ホークス   4 3 1 0 0 0 8
三重ゼッツ 1 1 0 0 1 0 3
投手 松田、 荒川/捕手 山本(徳)
投手 松山/捕手 前田 (三)
    二塁打 高橋(穂)、山本 (徳)

準決勝
  1 2 3 4 5 6 合計
高岡ヤング  0 3 0 0 1 0 4
徳島ホークス   1 0 0 2 0 0 3
投手 清水、村下/捕手 奥野(高)
投手 松田、荒川/捕手 山本 (徳)
    二塁打 高橋(青)(徳)





リストマーク 第35回 泉大津市長旗杯争奪 泉大津大会
泉大津市、全日本少年硬式野球連盟、日刊スポーツ新聞社 後援
徳島ホークス準優勝
2008年 5月3日〜5日  於  泉大津市二田球場 他   中学生の部 32チーム出場

5月3日 第一日目 1回戦
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス  (東四国) 0 0 2 0 5 0 0 7
KIX・BBC・21  (大阪第一) 0 0 1 1 0 0 0 2
投手 沼江/ 捕手 佐原  (徳)
投手 内畑名、 八木/ 捕手 木田、中野 (K)
二塁打 東條、吉田 (徳)  木田、中平 (K)
本塁打 佐原 (徳)


5月4日 第二日目 2回戦
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス (東四国) 1 2 3 1 0 0 3 10
寝屋川ベースボールフレンズ(大阪第 一) 0 4 0 0 0 2 0 6

投手 沼江/ 捕手 佐原  (徳)
投手 池脇/ 捕手 白川   (寝)
二塁打 吉本、高井、佐原、岡田、石本 (徳) 白川、池脇 (寝)
三塁打 白川2 (寝)
本塁打 岡田 (徳)


5月4日 第二日目 3回戦
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス (東四国) 0 0 3 1 0 0 1 5
ファイターズ゙岡山(岡山) 0 0 2 0 0 0 3 5
投手 吉本、沼江/ 捕手 佐原  (徳)  徳島ホークス抽選勝ち
投手 田辺、是友/捕手 能登  (岡)
二塁打 橘、沼江 (徳) 能登、砂場、真黒 (岡)
三塁打 橘 (徳)


5月5日 第三日目 準決勝
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス(東四国) 3 0 1 0 0 0 0 4
神戸須磨クラブ(兵庫西) 1 0 0 0 0 0 1 2
投手 沼江/捕手 佐原  (徳)
投手 森、魚井/捕手 藤原  (神)
二塁打 岡田 (徳)


5月5日 第三日目 決勝
  1 2 3 4 5 6 7 合計
徳島ホークス (東四国) 0 1 0 0 0     1
兵庫伊丹  (兵庫東) 3 0 0 4 1     8
投手 吉本、岡田/捕手 佐原  (徳)
投手 柳浦/捕手 岩井 (兵) 二塁打 岡田 (徳)
優秀選手  沼江 亨 (徳島関係のみ記載)



リストマーク 第2回 和歌山夢クラブ 小学生大会
全日本少年硬式野球連盟、和歌山野球振興協会・夢クラブ
徳島ホークス小学部2期連続優勝
2008年3月1日〜2日  於  和歌山川辺玄子グランド

準決勝

  1 2 3 4 5 6 合計
和歌山ビクトリーズ 0 0 0 1 0   1
徳島ホークス  2 1 3 0 2X   8X

投手 中田、吉川     捕手 池田、大江  (和)
投手 小方、泉、斉藤   捕手 伊勢  (徳)
二塁打 中田2 (和)   三塁打 光本、小方  (徳)

決勝
  1 2 3 4 5 6 合計
徳島ホークス   0 0 1 1 0 0 2
和歌山ライオンズ 0 0 0 0 0 1 1

投手 斎藤、小方     捕手 伊勢  (徳)
投手 矢野、宇治田   捕手 宇治田、橋中 (和)
二塁打 山本 (徳)   三塁打 小方2 (徳)   本塁打 斎藤 (徳)




2007年以前の記録へ

ライン